読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT女子のゆるふわリファレンス

ITの話題をお届けします

...コンバージョン...

テクノロジー

 

最近風が強いですね。。。春の嵐から一転、冬の嵐が戻ってきたようです|д゚)

 

風が冷たいはずです。もうすぐあと1週間で2月も終わりですが
朝と夜の寒暖差で風邪を引かないように体調管理には気を付けたいですね~


こんにちは!ふわりです(´・ω・`)

 

今日は、コンバージョンについてお話ししたいと思います!

コンバージョン(Conversion)とは変換という意味の英語ですが、IT用語
ではWebサイト上で獲得できる最終的な成果のことを表します( *´艸`)

Webサイトの成果は、そのサイトの種類によって異なりますが、一般的には購入やお問い合わせ会員登録やページの滞在時間などが設定されます(^^)

コンバージョンを正しく設定することによってどのページに注目が集まっているのか、どの部分に問題があるのかを明確にすることができるので改善施策も練りやすくなります(*'ω'*)

また、アクセス数に対して、コンバージョンを獲得する確率のことをコンバージョンレート(Conversion Rate)と呼びます!

コンバージョンレートは対象Webサイトの、一定期間内のコンバージョン件数を、同じ期間内のアクセス数や訪問者数で割って算出されます('ω')

インターネット広告などを利用した際は、獲得できたコンバージョン数を、各広告ごとに獲得できたWebサイトへのアクセス数で割ってコンバージョンレートを算出すると、それぞれの広告のコンバージョンレートを比較することもできます(*´ω`*)

 

コンバージョンには直接コンバージョンと間接コンバージョンがあります( ..)φ
直接コンバージョンは、広告など出し、その広告経由で訪問したユーザーがそのまま離脱をすることなくコンバージョンをすることです。
それに対して、一度訪問したものの、その場ではコンバージョンせずに離脱し、再び訪問しコンバージョンした場合は間接コンバージョンといいます(´-`).。oO

 

コンバージョンはとても重要で、Webサイト、ECサイトなどで売上やお問い合わせを増やしたいと考えている場合、コンバージョンレートをあげることは課題となってきます。

 

コンバージョンはGoogleアナリティクス等のアクセス解析ツールを利用することで簡単に知ることができます(*^^)v

 

それではこの辺で~!!