読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT女子のゆるふわリファレンス

ITの話題をお届けします

...ASPとSaaSの違い...

 

こんにちは~!ふわりです(´・ω・` )

 

金曜日ですね( *´艸`)今週は月曜日が休みだったせいかあっという間です!

 

今日は、ASPSaaSの違いについてです(=゚ω゚)ノ

SaaSについては下記リンクからご覧ください(^^)☆

...SaaS... - IT女子のゆるふわリファレンス

 

 

ASPとは Application Service Providerのことで、アプリケーションを

インターネットを通じてサービスとして提供する業者のことで、ソフトウェアの

ユーザーに提供するレンタル業者のことです(´-`).。oO

 

あれ・・・?なんか・・・?

SaaSと似てません?

というか一緒じゃないんですか・・・?

 

と思ってくださった皆様ありがとうございます(笑)

 

ここからはSaaSASPの違いについてです(`・ω・´)

 

ASPは、SaaSより先に普及した概念なので、ASPの進化系がSaaSという

認識の人が多いようです。。。(進化系ってポケモンみたいですね(*'ω'*))

 

実際には進化系なわけではなく、ASPはアプリケーションサービス提供者なのに

対して、SaaSはソフトウェア提供サービスなので、クラウドサービスそのものを

表しています(;´・ω・)

わかりやすくいうとASPはアプリケーションサービス提供者のGoogleで、SaaSはソフトウェア
であるGmailです(*^^)v

なんとなく似てますが、異なるものを指してますね~。。。
では具体的に何が違うのでしょうか・・・


ASPはシングルテナントで、1顧客に対し1つの環境を構築するのに対し、SaaSはマルチテナントなので、複数の顧客を1つのシステム環境で共同管理します(・ω・)ノなのでASPのほうがコストがかかります。

ASPSaaS・・・似ているようで少し違うので必要に応じてどちらを導入するか決めたほうが良いですね( ˘ω˘ )

 

それではこの辺で~(^^)/